長崎市の保育園 "桜町保育園"オフィシャルサイトへようこそ!

サブトップ



MKS幼児運動能力検査について



桜町保育園の年長・年中さんは毎朝のかけっこから一日が始まり、ブリッジや逆立ち歩き、跳び箱と元気にヨコミネ式の運動に取り組んでいます。
その結果として、子どもたちの体力がどのくらいあるのかを知るために、年長・年中さんを対象に年に2回体力テストを行っています。
(体力テストはあくまでも、2年間を通してどのくらい体力が向上したかを知るためで、お子さまの体力の優劣を付けるためのものではありません)

検査の内容は、鹿屋体育大学の幼児運動能力研究会が行っているMKS幼児運動能力検査を用いています。実施する項目は以下の6項目になります。

「往復走」「立ち幅跳び」「テニスボール投げ」「両足連続飛び越し」「捕球」「体支持持続時間」

(令和3年度前期の結果) 〇年長組平均値(つばめ組:20名)
実施時期 往復走 立ち幅跳び ボール投げ 両足連続
飛び越し
体支持時間 捕球 評価
令和3年8月 4.4 3.4 2.7 2.9 3.4 3.3 3.4
※2回目に関しては卒園行事などが重なり実施できていません。


〇年中組平均値(かなりや組:16名)
実施時期 往復走 立ち幅跳び ボール投げ 両足連続
飛び越し
体支持時間 捕球 評価
令和3年8月 4.4 3.3 3.2 2.9 3.4 3.3 3.4
令和4年3月 4.4 3.6 2.9 3.6 4.0 3.6 4.1

(考察)
※全国平均値は3.0です。
※毎朝のかけっこの成果が「往復走」に出ています。
※ヨコミネ運動の跳び箱や手足の運動の成果が「立ち幅跳び」「体支持時間」に出ています。
※かなりや組は評価が3.4から4.1に上がっています。



判定解釈
評価点 評価 判定解釈 理論的出現率
5点 非常に高い 発達が標準より非常に進んでいる 7%
4点 かなり高い 発達が標準よりかなりに進んでいる 24%
3点 ふつう 標準的な発達である 38%
2点 少し低い 発達が標準より少し遅れている 24%
1点 かなり低い 発達が標準よりかなり遅れている 7%


※詳細については「MKS幼児運動能力検査」で検索していただくとご覧になれます。